大東市「住道」駅すぐの心療内科・精神科・児童精神科『住道こころのクリニック』です。住道こころのクリニックではうつ、不安、不眠、強迫、物忘れ、子供・大人の発達障害の診療・相談・精密検査、アルコール依存、インターネット依存、ゲーム依存などの相談に対応いたします。大東市のほか、四條畷市や東大阪市、門真市など近隣の地域からもお越しいただいております。

自律神経失調症

自律神経失調症

女性(悲しい)
女性

自律神経失調症と言われたのですが、どんな病気なんでしょうか?

ネコDr
ネコDr

自律神経失調症という病名は、よく聞く病名なのですが、実は、正式な病名ではありません。自律神経失調症とは、自律神経の働きが乱れ、辛い症状がみられていることです。

女性(悲しい)

自律神経はどんな神経なんでしょうか?

ネコDr

自律神経とは、人間の体を周囲の状況に合わせて自動的に調整してくれるシステムのことです。自律神経には交感神経と副交感神経があります。
「交感神経」とは、簡単に言うと「戦う」モードです。筋肉が緊張し、心臓が早く鼓動し、脂肪を分解してエネルギーを出します。
副交感神経とは逆に「リラックス」モードです。
筋肉をゆっくりとして、心臓はゆっくりになります。
この働きが、心や体のストレスによりバランスを崩すと、自律神経失調症、と言われます。

女性(悲しい)

自律神経が乱れる原因はあるのでしょうか?

ネコDr

ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスも原因と言われています。
ストレスという点では、物事の受け取り方の癖なども影響しているといえます。

女性(悲しい)

自律神経が乱れると、どんな症状が出るのですか?

ネコDr

自律神経失調が乱れると、過緊張状態となり、動悸、頭痛がしたり、汗をかいたり、眩暈がしたり、イライラ、手足が震えたりします。

女性(悲しい)

クリニックではどういった治療をするのでしょうか?

ネコDr

治療としては、生活リズムを整え、ストレスとどう付き合っていくか、対話を通じた治療などを行うことがあります。リラックス法として呼吸法や、自律訓練法などを練習することもあります。

女性(悲しい)

お薬の治療はあるんでしょうか?

ネコDr

お薬は補助的な役割ですが、ストレス不安を和らげるようなお薬や漢方やなども用いることがあります。また、身体的な症状が強い場合は、吐き気や、便秘、下痢などに対しても適宜お薬で対処します。

女性(悲しい)

生活ではどのようなことに気を付ければよいでしょうか?

ネコDr

規則的な生活リズム、規則的な食事、運動などは重要です。
また、お酒やたばこ、カフェインも控えることもよいでしょう。

女性(嬉しい)

ありがとうございます。できることからやってみます。

<< 大人の診療対象となる主な疾患TOPへ戻る

〒574-0046 大阪府大東市赤井1丁目5番

お気軽にお問い合わせください

TEL 072-813-3337
FAX 072-813-3335

JR「住道」駅 北口より 徒歩約2分
近鉄バス「住道駅前」より 徒歩すぐ
診療時間
 9:30~12:30
14:30~18:00

★…9:00~13:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

MAP

クリニック入居建物横のコインパーキングをご利用ください(有料)

PAGETOP
Copyright © 2019 住道こころのクリニック All Rights Reserved.
オンライン予約はこちらオンライン予約はこちら通院中の方専用連絡フォームはこちら通院中の方専用連絡フォームはこちらページTOPへ戻る