大東市「住道」駅すぐの心療内科・精神科・児童精神科『住道こころのクリニック』です。住道こころのクリニックではうつ、不安、不眠、強迫、物忘れ、子供・大人の発達障害の診療・相談・精密検査、アルコール依存、インターネット依存、ゲーム依存などの相談に対応いたします。大東市のほか、四條畷市や東大阪市、門真市など近隣の地域からもお越しいただいております。

社交不安障害

社交不安障害

女性(悲しい)
女性

人前で発表したりすることがとても苦手で、仕事もうまくできないんです・・・

ネコDr
ネコDr

それは社交不安障害かもしれません。
社交不安障害とは、人前での発表、友達との会話や食事、一緒にトイレに行くこと、などで、強い緊張、恐怖、不安を感じる状態です。

女性(悲しい)

食事も苦手でした。

ネコDr

苦手な場面で・・
緊張で手が震える、声が震える、口が乾く
冷や汗が滝のように出ると感じる、顔が赤くなる
頭が真っ白になる、などがよく見られる症状です。
そして、「こんな反応をして変な奴と思われている」「相手を不快にさせてしまった」と感じ、人との接触を控えてしまうこともあります。

女性(悲しい)

ただの人見知りだとずっと言われてきたんですが、そうではないんですか?

ネコDr

これらの症状のために、社会生活から距離ができてしまうことが大きな問題なんです。日本では「人見知りで」というと納得されてしまう文化もあり、性格の問題だと放置されていることがありますが、実は性格の問題ではなく、治療可能な疾患、と考えてみていただければと思います。

女性(悲しい)

治療はどのようなものがあるんですか?

ネコDr

お薬の治療をしながら、心理的な治療を行っていくことが必要です。
お薬としては、抗うつ薬や不安を抑えるお薬などが効果が期待されます。
薬で症状がよくなった時に、段階的暴露法といって、苦手な状況を小さく分けて、また回避せずに参加していくことで不安をコントロールすることが大事です。

女性(悲しい)

心理的な治療って?

ネコDr

心理的な治療として、不安が出ているときに「ほかの人から変に思われしまう」という恐怖から自己評価が低下していることもあるため、考え方を変える、工夫するなどの「認知行動療法」も行うことがあります。

女性(嬉しい)

ありがとうございます。少しずつ、向き合ってみます。

ネコDr

社会人として仕事をする中で、「お酒を飲むと楽しく社会参加できる」といった誤った考えがもとで、アルコール依存症になってしまう場合もあるため、一度勇気を出して相談をしていただければと思います。

<< 大人の診療対象となる主な疾患TOPへ戻る

〒574-0046 大阪府大東市赤井1丁目5番

お気軽にお問い合わせください

TEL 072-813-3337
JR「住道」駅 北口より 徒歩約2分
近鉄バス「住道駅前」より 徒歩すぐ
診療時間
 9:30~12:30
14:30~18:00

★…9:00~13:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

MAP

クリニック入居建物横のコインパーキングをご利用ください(有料)

PAGETOP
Copyright © 2019 住道こころのクリニック All Rights Reserved.
オンライン予約はこちらオンライン予約はこちら通院中の方専用連絡フォームはこちら通院中の方専用連絡フォームはこちらページTOPへ戻る