大東市「住道」駅すぐの心療内科・精神科・児童精神科『住道こころのクリニック』です。住道こころのクリニックではうつ、不安、不眠、強迫、物忘れ、子供・大人の発達障害の診療・相談・精密検査、アルコール依存、インターネット依存、ゲーム依存などの相談に対応いたします。大東市のほか、四條畷市や東大阪市、門真市など近隣の地域からもお越しいただいております。

うつ病

うつ病

子ども(悲しい)
子ども

最近、疲れやすくて、気力が出ません・・・

ネコDr
ネコDr

それは「うつ病」の可能性があります。うつ病は「こころのかぜ」とも言われ、誰でもかかりうる心の病気です。最近では、「子どものうつ」も珍しいものではない、ということがわかっています。

母(悲しい)

子どものうつ病はどんな症状がみられるんでしょうか?

ネコDr

一般的な症状としては、気分の落ち込み、意欲の低下(何もする気が起きず、動けないような状態)、食欲が減る、または食べ過ぎてしまう、不眠、倦怠感などがあります。
大人の場合は、うまく言葉で表現できるのですが、子どもの場合は、言葉での表現ができず、イライラや不機嫌、不安、頭痛や腹痛などの症状で現れることがあります。

母(悲しい)

なにが原因なのでしょうか?

ネコDr

原因ははっきりしない場合が多いですが、学校や家庭のこと、友達のこと、勉強などの環境要因や、性格要因、生活習慣、本人の特性、脳の内因性の問題などが複雑に絡まっていることが多いです。そのため、「これが原因だ」と決めつけずに、柔軟に対応をすることが大事です。また、発達障害や躁うつ病、不安症などを合併していることもあり、しっかりと診断をすることが必要です。

母(悲しい)

クリニックではどんな治療をするんでしょうか?

ネコDr

「子どものうつ」の治療は、しっかりとした休養と、ストレスに対する環境調整が重要です。「休養」に関しては、生活リズムなどは崩さないように、不登校など学校から孤立しすぎないような配慮が必要です。

母(悲しい)

お薬などはあるんでしょうか?

ネコDr

お薬に関しては、抗うつ薬は大人ほどの効果は望めず、自殺の危険を増やす可能性も指摘されており、慎重に検討する必要があります。しかし、不眠や不安、イライラが強い場合は、症状に対してお薬が有効な場合もありますので、一度ご相談ください。

母(嬉しい)

ありがとうございます。

<< 子どもの診療対象となる主な疾患TOPへ戻る

〒574-0046 大阪府大東市赤井1丁目5番

お気軽にお問い合わせください

TEL 072-813-3337
FAX 072-813-3335

JR「住道」駅 北口より 徒歩約2分
近鉄バス「住道駅前」より 徒歩すぐ
診療時間
 9:30~12:30
14:30~18:00

★…9:00~13:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

MAP

クリニック入居建物横のコインパーキングをご利用ください(有料)

PAGETOP
Copyright © 2019 住道こころのクリニック All Rights Reserved.
オンライン予約はこちらオンライン予約はこちら通院中の方専用連絡フォームはこちら通院中の方専用連絡フォームはこちらページTOPへ戻る