大東市「住道」駅すぐの心療内科・精神科・児童精神科『住道こころのクリニック』です。住道こころのクリニックではうつ、不安、不眠、強迫、物忘れ、子供・大人の発達障害の診療・相談・精密検査、アルコール依存、インターネット依存、ゲーム依存などの相談に対応いたします。大東市のほか、四條畷市や東大阪市、門真市など近隣の地域からもお越しいただいております。

インターネットとの付き合い方

インターネットとの付き合い方

母(悲しい)

うちの子どもはネットばかりしています。ネット依存なのでしょうか?

ネコDr
ネコDr

インターネット・ゲーム依存症は、ICD-11という心の病気のマニュアルの中に入ることが決まっていますが、まだ診断の基準や治療法がはっきり定まっていないのが実情です。

母(悲しい)

スマホを禁止にしたいのですが・・・

ネコDr

SNSや、スマホでのゲームなどは、毎年すごい速さで進歩していて、新しいものがどんどん出てきています。また、生活に密着しているために、「スマホ禁止」というのも一定の年齢を超えると、難しいですよね。保護者も一緒にスマホを禁止できるでしょうか?

母(悲しい)

スマホ禁止は難しいですね・・・

ネコDr

そうですよね。大人でも、ゲームにやSNSにはまってしまうとやりすぎてしまいます。発展途上の子どもでは、自力で止めることは難しいでしょう。
特に発達の凸凹があると、その特性も、ゲームへの依存を加速させてしまいます。

母(悲しい)

保護者はどのように対応したらよいのでしょうか?

ネコDr

予防としては、できるだけ、ゲームに触れる年齢を遅らせることです。
また、ゲームやスマホを買い与える前に、ルールをお子さんとしっかりと話し合い、必ず守ることです。

母(悲しい)

もう与えてしまっています。今から取り上げた方がいいでしょうか?

ネコDr

でにゲームやスマホにハマってしまっている場合には、親が無理やり取り上げることは原則としてはおすすめできません。家庭内暴力などにつながってしまう可能性もあるからです。

母(悲しい)

そうですね。取り上げようとすると、すごい剣幕になります・・・

ネコDr

親として「ゲームやスマホを全部悪い」、とせず、まずは本人の様子を観察しましょう。生活リズムが規則的か、学校に行けているか。
ゲーム以外の活動ができていれば、焦らず対応しましょう。
本人の良い行動は評価して伸ばしていき、悪い行動に関しては、一気に止めようとせずに、冷静なメッセージを送る、という焦らない姿勢が大事です。

母(嬉しい)

難しいですが、やってみます。

<< 子どもの診療対象となる主な疾患TOPへ戻る

〒574-0046 大阪府大東市赤井1丁目5番

お気軽にお問い合わせください

TEL 072-813-3337
FAX 072-813-3335

JR「住道」駅 北口より 徒歩約2分
近鉄バス「住道駅前」より 徒歩すぐ
診療時間
 9:30~12:30
14:30~18:00

★…9:00~13:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

MAP

クリニック入居建物横のコインパーキングをご利用ください(有料)

PAGETOP
Copyright © 2019 住道こころのクリニック All Rights Reserved.
オンライン予約はこちらオンライン予約はこちら通院中の方専用連絡フォームはこちら通院中の方専用連絡フォームはこちらページTOPへ戻る